ダックスとバーバリーのチェックってどうして似ている?

イギリスの老舗ブランドの

・バーバリーの「バーバリーチェック」と
・ダックスの「ハウスチェック」

って、似ていると思いませんか?
これには何か理由があるのでしょうか?

スポンサード リンク

バーバリーとダックスのチェック柄の違いは?

それぞれのブランドのチェックは似て非なるものです。

ブランド個々のチェックであり、それぞれがブランドの個性ということになるのですが、色が似通っているので「提携しているの?」「パクリなの?」と、ふと感じてしまいますよね。

でも、それぞれがきちんとしたブランドなので、全然違います。
チェック柄はイギリスの伝統的な要素であり、落ち着いた色合いを用いているので、で似ているのは仕方がないかもしれません。

ダックスの「ハウスチェック」は1976年に考案されています。
バーバリーの「バーバリーチェック」は、1924年、トレンチコートの裏地にこの模様を使用しています。

他にも、アクアスキュータムというブランドも格子柄「クラブチェック」を用いています。

それぞれのブランドがオリジナルにチェックの配色を考案して、ブランドのイメージとしています。
ともに、スコットランドに古くから伝わるタータンと呼ばれる格子柄の織物からインスピレーションを得ているのではと考えられています。

タータンとは:スコットランドの地方で古くから使われている格子柄(チェック柄)の織物。

その昔、スコットランドの戦場では、自分のクラン(氏族)と敵のクランを見分ける必要から、独自のタータン模様で作った衣類を着用していました。
日本でいう「家紋」のようなものですね。

タータンの例
ロイヤルスチュワートのタータン
デイヴィッドソン家のタータン
キャンベル家のタータン
マクリード家のタータン

スコットランドの地域にもよりますが、現在でも、フォーマルな場ではその家柄のタータンを着用することが正装であるとされています。

また、ダイアナ妃のメモリアルとして、妃をイメージして考案された優しいピンクとブルーのタータンがスコットランドの老舗タータンメーカー(公式サイト:http://www.lochcarron.co.uk)により考案されました。

日本でも話題になりましたよね。

ダイアナ妃メモリアルタータンマフラーの詳細はこちら

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする