マルベリー(Mulberry)イギリスの高級バッグブランド

(画像:www.mulberry.comより)

マルベリー(Mulberry)は1971年にスタートした高級レザーバッグのブランド。
柔らかくて美しい革のアイテムは使い続けるほど、持ち主に馴染んでいきます。

・英国ならではの美しいフォルム
・実用性を兼ね揃えたデザイン

が特徴のマルベリーは、英国内のみならず、
アメリカ、ヨーロッパ、アジア地域でも店舗を構えています。

気品の溢れる英国スタイル

バッグや財布はモダンでクラシカルなデザインが多いです。
上品な色合が多く見ているだけでもうっとりしてしまいますが、高級ブランドだけあって値段が張るものがほとんどです。

マルベリーの人気のデザインは以下の通り。

ロクサンヌ(Roxanne)

(画像:https://www.npnbags.co.ukより)

ベイズウォーター(Bayswater)

(画像:www.mulberry.comより)

アレクサ(Alexa)

(画像:http://www.selfridges.comより)

リリー(Lily)

(画像:www.mulberry.comより)

ブリンモア(Brynmore)

(画像:www.mulberry.comより)

ウィロウ(Willow)

(画像:http://www.selfridges.comより)

レディースバッグで有名ですが、最近ではメンズバッグ、ファッション(メンズ・レディース)、アクセサリー、靴なども手がけています。

マルベリーについて

2007年にデザイナーのエマ・ヒル(Emma Hill)が加わることで、マルベリーは世界的に有名なブランドに飛躍しました。
世界中のセレブリティ達がマルベリーの製品を愛用し、ケイト妃も愛用者の1人です。

「マルベリー」という名は「マルベリーの木」から名づけられました。
創業者のロジャー・ソウル(Roger Saul)が毎日通り過ぎた学校の敷地に生えていたものです。

ロジャー・ソウルは誕生日に得た500ポンドを元手に、母のジョアン(Joan)と一緒にイギリスのサマーセットに工場を持つことから事業が始まりました。
当初は、双眼鏡入れなどの狩猟をする際の道具入れやベルトなどのアクセサリー類を製造していました。

サマーセットにあるマルベリーの工場は、増築を繰り返しながらも現在も同じ場所にあります。
「都会の美しいデザインを田舎の職人が作り上げる」スタイルは、昔から一貫しています。

また、マルベリーは、地元の経済活動に貢献するために、地元の採用を積極的に行っています。
2006年より、サマーセットの工場内では、地元の若者たちを対象にした革製品の製作指導を行っています。
地元のカレッジと連携しているので、若者たちが18ヶ月のトレーニングを受けることで、英国のNVQ(職業能力評価制度)が取得できます。

見習い期間を終了した若者たちには、マルベリーの工場での職を提供しています。
このトレーニングは、かなりの人気で「待ちリスト」ができるほど。
資格が取得できるうえに、世界的にも有名なブランド品の製造の技術を学べるのですから、順番待ちになるも当然ですよね。

マルベリーは、ロンドン証券市場に上場しています。
マルベリー株を250以上を所有すると、マルベリーの店舗でのショッピングで20%の割引という株主優待を受けることができます。

日本の店舗はある?

残念ながら現時点では日本には店舗がありません。
マルベリーの商品を入手したい場合、

・イギリスのサイトから直接輸入する
・輸入代行業者などを利用して購入
・ロンドン旅行をして購入

のような方法になります。

マルベリー公式サイト www.mulberry.com
(日本へ海外発送をしています(英語))

楽天でいくつかの店舗が取り扱っているようです。

スポンサード リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする